福利厚生サービスを充実させることが大切な理由とは

男の人

進め方をチェック

笑顔の男女

社員旅行を実施する企業は昔に比べると減少している傾向にあります。しかし、社員のコミュニケーションを促進するためにも、社員旅行は有効です。社員旅行であれば、家族を連れて参加することもできるので、より深いコミュニケーションを取ることができるはずです。昔であれば、慰労の意味合いが深い社員旅行でしたが、社員旅行が業務の一環として機能する面もあります。現地視察を兼ねた社員旅行であれば、旅行先でさまざまなビジネスのアイデアやヒントを吸収できるはずです。社員旅行といっても、目的によってさまざまな企画をすることができるのです。そのため、まずは社員にアンケートなどをとって、どこに行って、何をしたいのかヒアリングをすることも有効でしょう。テーマを決めるだけでも構いません。社員から自発的に旅行の案などを考えさせて提出させることに意義があるといえます。行き先や、日程などの詳細は、旅行会社と相談しながら決めていくことになるでしょう。団体で行動する旅行は、一般的な個人旅行とは違って、大人数の宿泊施設や移動手段を手配しなくてはいけません。混雑するシーズンによっては、予約も難しい状況です。そのため、早めに旅行会社と相談をしながらベストな社員旅行の予定を組む必要があるのです。また、予算も重要なポイントです。予算内で行ける最善の旅行先を考えて、いくつかのプランを練りましょう。行き先の候補が何箇所かある場合は、スタッフにフィードバックして、さらにアンケートをとりましょう。旅行会社と担当者が一方的に決めていくと、スタッフの反感を買ってしまう場合もあります。